オリジナリティーがある|男なら彼女のために奮発して婚約指輪を贈ろう
花嫁

オリジナリティーがある

手

マット仕上げにする

結婚式の日にちや大まかなプランが決まったら、次に決めるのは結婚指輪です。指輪で人とかぶりたくない、オリジナリティーを出したいという人は、だんぜん手作りがおすすめです。世界にひとつだけの指輪なら、大切にしたいという気持ちがいっそう増します。手作りの結婚指輪のポイントは、男性がつけていて恥ずかしくないデザインを選ぶことです。光り物なので、どうしても女性目線でデザインを選んでしまうことが多いのですが、男性の意見も慎重に取り入れましょう。同じデザインを選んで、男性用だけ光沢を抑えたマット仕上げにするのも良い方法です。いかにもつけているという感じがしないので、営業や販売業の人はこのタイプが適しています。

デザインを考える

「結婚指輪」を手作りするときは、期間に注意しましょう。図にしてそれをかたちにするまで、ショップによって異なりますが3ヶ月から6ヶ月はかかります。また、依頼する前にある程度イメージをまとめておくことも重要です。あやふやなイメージではデザインする人を困らせてしまうので、はっきりと伝えられるようにしておきましょう。費用を明確にしておくことも手作りの結婚指輪を作ることで肝心なことです。より良いものに仕上げるために予算がオーバーすることもあるので、そのへんはある程度わきまえておきましょう。また、サイズが変わったときやキズがついたとき、直してもらえるようアフターサービスがある会社を選ぶこともポイントです。